クリスマスのお酒|BIG PEAT

クリスマスにちょっと贅沢なお酒で乾杯〜。
とても素敵なお酒の楽しみ方ですよね。

皆さまが想像するクリスマスのお酒は何でしょうか?
シャンパン? ワイン??
ぴったりですよね。

しかし、我々ウィスキー党にもクリスマスのお酒があります。
それが、この「BIG PEAT クリスマスエディション」!
(ビッグピート)

ロマンティックなイラストとは程遠い、個性的なおじさんが目印。
ダグラスレイン社が発売するクリスマス限定の品です。


(シックなラベルが多いウィスキーでは、かなり異色のラベルですよね)

PEAT(ピート)の香りが強いウィスキーというものがあります。
アイラ島で作られているウィスキーが有名なのですが、かなりクセがあるウィスキーでもあります。
最初は、大体、このピート臭にやられます。
「なんじゃこれ」
みたいな印象だと思います。
飲みなれると、これがないと物足りなくなってしまうのですが。

このピートの効いているアイラ島(ISLAYと書いてアイラと読みます)のシングルモルト、「アードベッグ」「カリラ」「ボウモア」「ポートエレン」の4種類をブレンドして作られているウィスキーが「BIG PEAT」となります。

レギュラー商品との違いは、ピートおじさんの姿だけではなく、カスクストレングスであること。

一般的なウィスキーは、樽から瓶に詰める際に水を加えています。
アルコール度数の調整という部分のようです。

カスクストレングスは、この加水をせずに瓶に詰めたウィスキーを指します。
(カスクというのは木樽という意味です)

このため、アルコール度数は53.7%と一般的なウィスキーより高め。
パンチの効いた一杯になります。

また、通っぽく語るのであれば、ウィスキーの楽しみ方の1つに、自分で加水しながら、「好みの味を楽しむ」「味の変化を楽しむ」というものがあります。
ストレートのウィスキーに、数滴の水を加えただけで、香りの立ち上がり方も味わいも、結構変わるものなんです。
元の度数が高いということは、それだけ楽しむ幅が広いということに繋がります。

アイラ島のピートが効いたウィスキー好きに訪れる、毎年のクリスマスプレゼント。

何本も仕入れるBARもあるでしょうが、何にしても飲みきりで終わっていくボトルです。
興味ある方は、早めにお試しを!
残念なことに、大体クリスマス前に飲みきってしまい「クリスマスに乾杯〜」とはいかないのです。。笑

Heiando Bar ( He&Bar )
漆器山田平安堂が運営する六本木のオーセンティックBAR
港区六本木4-10-5-2F
六本木交差点より徒歩1分
03-6804-6388
お客様単価目安:2,500円〜3,500円くらい(2杯飲んで)
営業時間などの詳細はこちらをご覧ください。

=過去の投稿=
0|プロローグ
1|漆器がイメージ、サントリー・オールド
2|感動のブルドッグ
3|黄金レシピ、ホワイト・レディ
4|試飲会Buss509
5|ゴディバのチョコレート
6|オリジナルカクテル「Good Dream」